釣りについて

釣りについて一覧

 
釣り具は貸してもらえますか?

プランは全て、釣り具の貸出は可能でございます。また、釣り具一式、エサ代は無料で、別にレンタル料がかかることはございませんのでご安心ください。
もちろん自分の使い慣れた竿などを持ち込んでいただくことも可能です。

 
沖縄では、どんな魚が釣れますか?

沖縄の県魚であるグルクンを始め、オジサン、イラブチャー、など、沖縄らしいカラフルな魚が連れます。詳しくは”沖縄魚図鑑”のページをご覧ください。

魚図鑑ページはコチラ >

 
"サビキ釣り"と"フカセ釣り"の違いは何ですか?

サビキ釣りは、エサに似せて作った針を上下に動かし、生きているエサに見せかけ魚を狙う方法で、子供や釣り初心者でも楽しめる釣り方です。対象魚は、グルクン、オジサンなど比較的小さい魚が中心です。フカセ釣りは、潮の流れを読みながらエサの付いた針を流す、やや上級者向けの釣り方です。対象魚は、タマン、ガーラなど比較的大きめの魚が中心です。
海友丸は、サビキ釣りが多いので、初心者の人やお子様でも安心してご予約いただけます。
釣りプラン一覧はコチラ >

 
釣った魚は持ち帰れますか?

釣った魚は持ち帰る事ができます。 近隣の料理店など料理をしてくれる店舗を紹介することも可能です。 詳しくはうみんちゅ船長まで!

服装・準備について

服装・準備について一覧

 
どんな服装で参加すれば良いですか?

船の上は波で揺れるため、靴底が平らなスニーカーなどがおすすめです。ハイヒールなどの踏ん張りがきかない靴は避けてください。服装は、動きやすく、濡れてもいいような軽装であれば基本的に自由です。稀に魚の血が付いてしまうこともあるので、汚れては困る服は避けましょう。また、海の上は、陸上よりも日差しが強いため、帽子とサングラスがあると便利です。夏場は、日焼け対策を万全に。冬場は、海風が強く吹く場合があるので、羽織るものを1枚持っておくと便利です。

 
持ち物は何が必要ですか?

釣りに必要な道具は海友丸が準備してくれるので、基本的に手ぶらで参加OKです。他にあると便利なものとしては、魚に触れた手を拭くために、汚れても良いタオルが1枚あると便利です。また、飲み物は船が揺れてもこぼれない様に、ペットボトルや水筒の様に、フタが付いているものをおすすめします。

 
酔い止めは飲んだ方がいいですか?

船酔いが心配な方は、乗船前に酔い止め薬を飲んでおく事をおすすめします。また、船に乗っている間は出来るだけ遠くを見ると船酔いしにくくなります。睡眠不足も船酔いの原因の1つと言われているので、前日にはしっかり睡眠を取りましょう。

釣りのプランについて

釣りのプランについて一覧

 
料金には何が含まれていますか?

海友丸のプランは、乗船料、釣り具一式、釣りエサ、保険代(賠償保険・傷害保険)が含まれています。(※その他にも料金に含まれるものもありますが、詳しくは、プラン内容記載ページの”料金に含まれるも”の項目をご確認下さい)

 
送迎はありますか?

沖縄本島のプランは全て、現地集合です。(※集合場所については、沖縄本島嘉手納漁港です)

 
雨が降った場合どうなりますか?

海況が穏やかで船の運行に支障がない範囲であれば、多少雨が降っても実施される場合があります。逆に晴天でも強風や波が高い場合は、釣りポイントの変更や、開催が中止になる事もあります。

 
一人でも参加可能ですか?

お一人でも参加可能でございます。実際に、お一人で参加される方も多くいらっしゃいますので、お気軽にご参加下さい。(※お一人でもお申込みは可能ですが、ご予約日前日までに各プランの最少催行人数に満たない場合は、出港出来ない事があります。詳細は、プラン内容記載ページの”注意事項”をご確認下さい。)

 
釣り未経験でも参加出来ますか?

うみんちゅ船長が釣り方について丁寧にお教えてくれるので、未経験の方や小さいお子様でも安心してお楽しみいただけます。また、釣りの仕掛けについても、スタッフが準備・レクチャーしてくるので、心配はありません。